オンライン英会話

hanasoの料金を徹底解説!コスパの良い最強プランと他社との比較をご紹介

hanasoの料金は結局いくらかかるの?他のオンライン英会話とも比べて相場との比較も知りたいな。

このような悩みを持つあなたへ

オンライン英会話の経験者で、数々を体験している私hanasoの料金を解説いたします。

当記事を読めば

  • hanasoの料金プラン
  • 相場や他のオンライン英会話との料金比較
  • hanasoのメリットvsデメリット

がわかります。

hanasoを始める、または迷っている方にとって大事な記事になるのでぜひ最後までご覧ください!

hanasoってどんなオンライン英会話?

hanasoは2010年にできた比較歴史あるサービスで、現在の累計レッスンは100万回を超えています。

レッスンは全てフィリピン人講師が行い、料金としてはちょうど相場ぐらい。

「フィリピン人は英語できるの?」と疑問を持つ方がいるかもしれませんが、全然問題ありません。なぜならフィリピンは英語が公用語で、それだけ生活に英語が組み込まれているから。

日本人より英語力がある人が多いです。

hanasoの大きな特徴はテキスト(教材)を有名講師の関正夫先生が監修していること。詳しくはメリットの方で解説します。

hanasoの料金解説

月額料金

プラン名回数月額(税込)
回数プラン月8回4400円
回数プラン月12回6270円
回数プラン月16回7920円
毎日プラン毎日1回6578円
毎日プラン毎日2回12078円
週2日プラン週2回4180円
週2日プラン週2回(50分)6380円

料金は上の表の通り。

回数プラン、毎日プラン、週2回プランがあり、一番コスパが良いのは毎日プランですね。

レッスンチケットは「レッスンがし足りない!」という方が使うもので、1枚につき1レッスンが可能。しかし、コスパがめちゃめちゃ悪いので買うよりも料金プランを見直した方が絶対良いです。

悩んでいる方の中には「週3、4回の人はどうすれば?」という方がいるかもしれません。結論から言って週3回以上なら毎日プランを選ぶと良いですよ。

毎日プランで週4回サボっても別にペナルティはないよ

テキスト料金

大半が無料ですが、2つだけお金がかかるテキストがあります。

  • SIDE by SIDE(2700円/1冊)
  • Building TOEIC Skills/Developing TOEIC Skills(2860円/1冊)

「SIDE by SIDE」は市販教材で英語の基礎を学び、「Building TOEIC Skills/Developing TOEIC Skills」ではTOEIC対策をします。

使う人は少ないと思うので、そこまで気にする必要はないですね。

≫hanasoのテキストまとめ

【比較】hanasoの料金は相場より安い?

相場ちょうどぐらいだよ!

サービス名回数/月月額(税込)
hanaso毎日1回6578円
レアジョブ毎日1回6380円
ネイティブキャンプ回数無制限6480円
DMM英会話毎日1回6480円
QQEnglish月30回10648円

上の表はオンライン英会話を代表するようなサービスとの比較です。

QQEnglish以外は大体同じような値段ですね。安すぎず、高すぎずといった具合。

表には書いていませんが、回数プランや週2回プラント比べてしまうとコスパの悪さが目立ちます。月16回で7820円は少し高いですね。

≫コスパ最強のネイティブキャンプ!評判はどう?

hanasoの料金以外の選ぶメリット

hanasoの料金はちょうど相場ぐらいだということがわかりました。他にhanasoを選ぶメリットはあるのでしょうか?

関正夫先生監修のテキスト

一部の教材は超有名講師の関正夫先生(以後、関先生)が監修をしています。

関先生とはTOEICや受験英語のスペシャリストで、執筆した本は260万部を突破。TOEICではわざわざトイレ休憩に行くほどの余裕があるそうです。

そんな関先生が監修しているテキストは質が良いこと間違いなし。

ビジネスフレーズ、発音、TOEICなどを高品質なテキストで学べます。注意点としては、全てのテキストが関先生監修ではないということですね。

詳しいことは以下の「hanasoのテキストまとめ」をご覧ください。

≫hanasoのテキストまとめ

大学卒のフィリピン人

hanasoの講師はみんな大学を卒業したフィリピン人になります。

フィリピンの国民の約93%が英語を話せるとされていて、英語人口は世界3位。その中でも講師になれるのは大学を卒業し、英語がペラペラで、人柄も良い人のみです。

それぞれの人が様々な学部にいるので、自分と同じ学部だと話が合うかもしれませんね。理系トークで盛り上がったり。

料金の安さもフィリピン人の賃金が安いからこそ実現できる価格です。

hanasoの悪いポイント

レッスンツールがzoomかSkype

hanasoのレッスンはzoomかSkypeを使ってレッスンをします。

これの悪いところは以下の通り

  • 初めての人は登録が手間
  • zoomやSkypeはオンライン英会話のためのツールではない

登録が手間なのはそこまで面倒ではないですが、オンライン英会話ツールとして使いづらいというのはデメリットですね。

基本的に大手オンライン英会話になると自社で独自のビデオツールが作られます。

例えばテキストが表示されたり、再接続が簡単だったり、チャット記憶システムがあったり、サービスによって個性はありますが使いやすさは全然違います。

とはいえ、「話せればいい!」という方は全然気にしなくてOKです。

通信が悪い講師がいる

hanasoの講師はオフィス型と自宅型に分かれます。

問題なのは自宅型の講師で、通信が悪く映像が無かったり、声が聞こえづらい講師と出会うかもしれません。ここは完全に出会うまでは判断不可。

ただ、オンライン英会話のほとんどは自宅講師が存在するため、hanasoだけが問題というわけではありません。

もしも全講師が環境の良いオフィス型が良いならばQQEnglishを選ぶと良いでしょう。

≫レッスンの質へのこだわりが凄いQQEnglish

無料体験で試してみよう!

以上、hanasoの料金設定まとめでした。

hanasoでは2回の無料体験を受けることができます

とはいえ、「登録が面倒」とか「まだ迷ってるから」などの理由で始めない人が多いです。正直始めるかわからないサイトに登録をしたくないとか、面倒とか気持ちはわかります。

ですが、体験をしないとわからない事がほどんどなので、迷っているならやった方がいいです。これから英会話を選ぶ基準にもなります。

登録はメールアドレスだけで、クレカの登録は一切必要ないので安心ですよ。

「hanasoで無料体験をしたい」と言う方は、以下から進んでください!

-オンライン英会話