オンライン英会話

これを見ればQQEnglishのテキストが丸分かり!経験者による全ての徹底解説

QQEnglishのテキストってどんな種類があるの?始める前に確認しておきたいな。

こんにちは、オンライン英会話経験者で、数々のオンライン英会話を解説しているたなぼうと申します。

レッスンで重要になるテキスト。自分の目的に合うテキストがなかったら最悪なので、始める前に何があるのかは知っておきたいですね。

そこで当記事ではQQEnglishのテキストを徹底解説いたします。

これを読めばQQEnglishのテキストに関して丸分かりしたと言っても良いでしょう!是非最後までご覧ください。

レッスンとテキストの違いって何なの?

同じだと思っていいよ!レッスンは提供されたテキストを使って行うの。要するに教科書みたいなもんだね。

QQEnglishとは

ポイント制のレッスン

QQEnglishはポイント制のレッスンになります。

ポイント制のレッスンとチケット制のレッスンとの違いは回数。チケットは1回と決まっていますが、ポイントは選ぶ講師やレッスンによって消費ポイントが変わります。

例えばQQEnglish内の英検対策レッスンは25ptプラスで消費するため、1レッスン75pt。これでは「毎日1回プランの1500pt」を選んでも30回行うことができませんね。

とはいえ、ほとんどのレッスンが50ptなのでそこまで気にする必要はありません。

気になる方はテキスト解説のところで「消費ポイントが増加するレッスン」は見出しに書いてあるのでご覧ください。

全員正社員&TESOL取得者の講師陣

全ての講師が正社員&TESOL取得者のため、安心で高水準なレッスンが受けられます。

数々のオンライン英会話の中には講師をパートで雇っているところもあり、変な講師を引いてしまう確率があります。

その点、QQEnglishは全員が正社員で、TESOLという英語を教えるための資格のような物を持っているため、誰を選んでも良い講師と出会えます。

ただ、質の良い講師と引き換えに料金は少々高めですね。

専用オフィスからのレッスン

オンライン英会話では自宅勤務の講師が多く、レッスンが途切れ途切れになったり、音がよく聞こえないという問題がありました。

ですが、QQEnglishの講師は専用オフィスからのレッスン。

通信環境が良くなるのはもちろんのこと、不具合連絡をした時に迅速な対応に期待できます。

QQEnglishはレッスンの質にこだわるオンライン英会話ですね。

QQEnglishのテキスト一覧

全てのテキストを紹介してきます。

  • カランメソッド
  • R.E.M.S.
  • QQE Basic
  • 日常英会話コース
  • トピックカンバセーション
  • SDGsトピックカンバセーション
  • News Alert
  • ビジネスイングリッシュ
  • Smart Kids
  • Time to talk
  • We can
  • Magic Phonics
  • カラン for キッズ
  • 英検®5級 でる順パス単
  • 英検®面接対策
  • TOEIC®L&R TEST 目指せ!ハイスコアラー
  • IELTS™Speaking対策
  • コーチングタイム
  • ボキャブラリービルダー
  • Welcome abroad
  • 使える!トラベル英会話
  • 発音クラス
  • O-MO-TE-NA-SHI 英会話
  • World Kids Group Class
  • SDGs Group Class

どうでしょうか?お気に入りのテキストは見つかりましたか?

レッスンではこれらのテキストを元に進めていきます。

QQEnglishのテキスト解説

ここからは全てのテキストの解説を行います。

プラスでポイントを消費されるテキストや購入必須なテキストはタイトルに書いておきますね。

子供/幼児向けのテキスト

Smart Kids(教材購入必須)

QQ Kidsで使用されているメインプログラムです。

第二言語教育の専門家たちが作ったテキストで、子供たちが「外国で友達を作れるように!」という目的で学んでいきます。

内容は簡単な挨拶から始まり、後半では未来系の「will」や副詞の「when」など。全てのレッスンを終える頃には準2級相当の文法力が身につくことが想定されて作られました。

QQEnglishとしては発音を学べるMagic Phonicsと併用することをおすすめしています。

We can(教材購入必須)

「使える英語を学ぼう!」というのが目的で、「We can」という教科書が必要になるレッスンです。

内容は学校教育では不十分だと思われる、リズムや発音、態度やマナーなどを幅広く学ぶというもの。

しかし、ABCができない子供に態度について教えても酷なものですよね?おそらくすぐに嫌になってやめてしまうでしょう。

その点、「We can」では

  • 3〜6歳
  • 小学校低学年
  • 小学校中学年
  • 小学校高学年

とカテゴリ分けされているので、レベルに合う学習をすることができます。歌やおもちゃを使った工夫がされているので、飽きやすい子供でも安心です。

Time to talk

子供向けの教材ではありますが、少し難易度が高めでsmartKidsのBook4を終了された方を対象としています。

内容はあらゆる教科を英語で学んでいくというもの。

例えば「雪が降る条件と種類」や「嘘をつく人の特徴」などです。大人でも簡単にできる内容では無いですよね。

基礎力がついた子供向けです。

Magic Phonics(+25pt)

文字の発音、組み合わせの発音を練習することで正しい発音をしっかり習得します

テキストの名前にもある「Phonics」というのは英語の文字と音声の関係を学ぶ学習法のことで、アメリカやイギリスの子供に対して実際に使われている方法です。

発音は話すだけでなく、リスニングにも役立つので小さいうちからやっておくと非常に便利ですね。

単語を文章に組み込みながらマスターするので、全体的な英語能力も上がることが期待できます。

World Kids Group Class(+100pt)

世界3位のケンブリッジ大学院生によるグループレッスンです。

QQキッズを受けている世界中の子供たちと一緒に50分のレッスンを行います。

内容は科学、人類、地理、歴史、自然の中から世界トップの専門家たちが、わかりやすく子供に教えるというもの。こんなに貴重な機会は普通ないので、少々高いですが経験として受けてみるのは全然ありです。

ちなみに東京大学は23位です。ケンブリッジ大学の凄さが分かりますね!

初心者向けのテキスト

QQ Basics

レベルは1〜5まで存在し、全てのレッスンを終えた際には高校卒業レベルの文法が学べるテキストとなります。

さらに、高校では習得できないスピーキング力や実践的なリスニング力も学ぶことが可能。

また、レッスンはアメリカやイギリスでも語学教育でも使われるPPT(Presentation Practice Production)メソッドが使われていて、初心者でも始めやすいような内容です。

初心者から中級者への架け橋となるようなテキストですね。

日常英会話コース

「実生活で使える英語」を学ぶことを目的としたテキストです。

初級・中級・上級とカテゴリ分けされていますが、難易度はそこまで高くなく、英語に自信がない方でも気軽に受けられます!

内容は写真描写、ロールプレイング、ボキャブラリーチェックなどで構成されていて、とことん日常生活にフォーカス。

このコースを終えればあらゆる日常生活で役に立つこと間違いなしです。

中・上級者向けのテキスト

カランメソッド(教材購入必須)

カランメソッドとは「4倍速で英語が話せるようになる」と言われているイギリス発祥の学習法です。

QQEnglishを始めるなら是非注目しておきたいレッスン。

レッスン中は講師の質問に対し、高速で答えるという形で進んでいくのですが、日本語訳を考える時間が与えられません。つまり英語を英語で理解し、英語脳が鍛えられるよねという仕組みです。

スピード感があり、負荷が大きいのが特徴。

カランメソッドを提供しているオンライン英会話は数少なく、正式認定校はもっと少ないです。

その点、QQEnglishはカラン機構に認められた正式認定校なので、安心してレッスンを受けられますよ。

詳しくは以下のリンクからご覧ください!

≫カランメソッドの料金は?他のオンライン英会話に比べて安い?

R.E.M.S.

2つの学習メソッドであるダイレクトメソッドとオーディオ・リンガル・メソッドを使って学んでいきます。

ダイレクトメソッドとは英語を英語で理解する能力。カランメソッドでも必要とされる能力ですね。

オーディオ・リンガル・メソッドとは簡単にいうと文法を反復し、体に覚えさせるやり方。文の1部を変えたり、変形させたりして繰り返します。

この2つのメソッドを使い、反射的に英作文を作れるようになるというのがR.M E.S.の目的です。

ビジネスイングリッシュ

英語を仕事で使う方向けの教材です。

ロールプレイを中心とした学習で、実際に仕事で使うような単語や表現を学んでいきます。

ex.メールの書き方,電話の対応

SDGsトピックカンバセーション

SDGs(持続可能な開発目標)について講師と会話するというテキストです。

2015年の国連サミットで採択されたSDGsですが、最近では環境問題に興味がない方にも知られるようになり、様々な分野でも扱われています。

NHKの1つの番組としてやっているほど。

当レッスンではSDGsに関して、自らの意見をもち、英語で語るという他にはない珍しいレッスンです。学生なら試験対策に、大人なら知識として役立ちますね。

今後もより重要視されていくので学んで損はないでしょう。

News Alert

海外のニュースを取り上げ、内容に対するディスカッションをしていくテキストです。

自分の意見を述べる力が身についたり、新しいフレーズや語彙を学べます。

一方、記事の内容を全く理解できないとディスカッションまでたどり着くことができないので、ある程度の英語力を持った人向けのレッスンです。

レッスンごとニュースが変わるので、飽きにくいというのは大きなメリットですね。あとは普通に海外のニュースが面白いです。

いろいろなオンライン英会話でも採用されていて、どこでも超人気のレッスンです!

SDGs Group Class(+100pt)

World Kids Group Class同様グループレッスンです。

こちらも世界3位のケンブリッジ大学の大学院生が教えてくれるレッスンで、18歳未満を対象としています。(World Kids Group Classは小さい子供向け)

内容は講師とともにSDGsの課題を考え、学ぶというもの。

SDGsは今後とも重要になっていくので、最高峰の知識を持つケンブリッジ大学院生から学べる事はすごく貴重な体験になるはずです。

初心者から上級者まで使えるテキスト

トピックカンバセーション

仕事場での会話から学校や日常生活での世間話まで、話すことに関して幅広くスキルアップできるテキストです。

レッスン内容は写真描写やトピックに関して「メリット」「デメリット」を考え、自分の意見を述べるというもの。普段興味のないトピックに対しても立場を決めて話す必要があります。

そのため、スピーキング能力以外にも思考能力が鍛えられますね。

英語に自信がない方は初級を選べば問題ないので是非チャレンジしてみましょう。

発音クラス

発音一つ一つに対して単語、短文を読むことで正しい発音を身につけます

日本語訛りの英語でも外国人に伝えることはできるので、発音にこだわりたい方や余裕がある方が取り組むと良いですね。

TOEIC満点の方でもカタコトな人は全然いるので、焦る必要はありません。

O-MO-TE-NA-SHI 英会話

初級編では日本を舞台としたシチュエーションで外国人に対しておもてなしが出来るような英語を学びます。

例えば道の行き方を聞かれたとき、切符の買い方を聞かれたときに答えられる能力。皆さんも一回は聞かれた経験がありませんか?

スパって答えられたらカッコいいですよね!

上級編では日本の文化を説明する練習をします。

日本人と会うときでは日本について話すことは少ないですが、外国人と会うと案外聞かれることが多いです。自国をより深く知るという意味でも役に立ちますね。

試験対策テキスト

英検®5級 でる順パス単(+25pt&教材購入必須)

旺文社の「英検®5級 でる順パス単」との連携教材になります。

内容は全ての単語をまんべんなく扱うのではなく、学ぶのは動詞中心。英語を始めたてでボキャブラリーが少ない方はやっておくと良いですね。

英検®面接対策(+25pt)

こちらも「でる順パス単」同様に旺文社との連携教材で、準1級、2級、準2級、3級の二次面接を主に対策します。

英検の二次面接はある程度パターンが決まっているので、何回か練習しておくと安心です。

≫QQEnglishを英検対策に使うのはどう?アリだけど他のオンライン英会話の方がいいかも

TOEIC®L&R TEST 目指せ!ハイスコアラー(+100pt)

TOEIC満点講師によるTOEIC受験者のためのテキストです。

初心者から上級者までというわけではなく、過去2年以内のスコアが550以上or「QQE Basics」のbook4以上を受講の方を推奨しています。ある程度の英語ができる方になりますね。

レッスンではインプット&アウトプットを積極的に行い、720点突破or100点upを目指します。

50分レッスンのため、通常よりも100pt多く消費します。(通常は50ptレッスン)

ELTS™Speaking対策(+100pt)

日本人が苦手なスピーキングを中心としたテキストです。

「ELTS™Speaking」の他にも「ELTS™Phraseology」というレッスンがあり、Speakingでは模擬テストを行い苦手を克服。Phraseologyでは動画に対するディスカッションによってSpeakingの練習を行います。

こちらも簡単なコースではないので、ある程度の英語力が必要とされます。

50分レッスンです。

その他テキスト

使える!トラベル英会話

「短期間で旅行中に役立つ英語を学びたい!」というニーズに応えるテキストです。

海外に行く日が近い人のために「6 DAYS ONLY TRAVEL ENGLISH」というコースがあり、6日間で役立つ英語が学べます。

すぐに使えるフレーズが満載なので、旅行の際には是非とも覚えておきたいですね。

ボキャブラリービルダー(+100pt)

名のとおり語彙力を鍛えるテキストです。

初心者はもちろんのこと、受験生にとっても役立ちますね。50分レッスンです。

コーチングタイム(+25pt)

あなたの英語力に合わせて「おすすめのカリキュラム」や英語学習方法を教えてくれます。

要するにアドバイザーですね。

「独学での学習方法がわからない」「課題をもらいながらレッスンをしたい」という方におすすめのレッスンです。

モチベーションにもつながるでしょう。

無料体験を受けてみよう

以上、ここまでQQEnglishのテキストの紹介でした。

どうでしょうか?やりたいと思えるテキストは見つかりましたか?

QQEnglishでは2回のレッスン&日本人によるカウンセリングを無料体験できます。気になるテキストがあれば体験してみるのもいいですし、もし無かったら自分の英語力を試すという意味でもやるのは全然アリです。

クレジットカードの登録必要がないので、気軽に体験ができます。

もしも不安だったら私が実際に体験した記事があるので、以下読めば安心できると思います。

≫QQEnglishの無料体験を実際に受けてみた!登録の手順も画像と共に紹介

 

「QQEnglishの無料体験をしたい!」という方は以下から進んでください!

-オンライン英会話